中国新聞地域ニュース
鞆と琉球使節の交流紹介 '06/10/16

 江戸時代、鞆港に寄港した琉球使節を紹介する特別展「知られざる琉球使節―国際都市・鞆の浦」が、福山市鞆町の市鞆の浦歴史民俗資料館で開かれている。町内をはじめ、全国各地に残っていた額や図など80点を展示。同町で保命酒醸造で栄えた中村家の日記には、琉球使節が宿泊した、天保年間にあたる1842年10月5日付で「酒を十三両購入し、深夜二時まで親しく語った」などと記され、交流の様子を物語る。

【写真説明】鞆町や静岡県に残された額などを見学する来館者

   

2006年10月16日中国新聞 インターネット版より 引用