中国新聞地域ニュース
鞆の町を虚無僧練り歩く '06/10/22

 白装束に深編みかさをかぶって尺八を吹く虚無僧姿の一行が22日、福山市鞆町を練り歩いた。江戸期の商家が残る古い町並みに風情ある音色が響いた。尺八愛好家でつくる明暗教会岡山支部(倉敷市)などの13人が保命酒販売店などの店先では足を止め、商売繁盛を祈願した。行事は、同町の安国寺が、同寺の開祖法燈国師(ほっとうこくし)の命日(10月15日)にちなみ、十数年前から実施している。

【写真説明】尺八を奏でながら鞆町内を練り歩く虚無僧姿の一行

   

2006年9月22日中国新聞 インターネット版より 引用