中国新聞地域ニュース
鞆福禅寺境内全域が国史跡に '06/11/18

 国の文化審議会が17日に答申した史跡などの指定・登録に、福山市鞆町の国史跡「鞆福禅寺境内」の対象地域拡大が盛り込まれた。鞆福禅寺は、未指定となっていた境内の372平方メートルを追加指定される。真言宗の寺院で、本堂と客殿の対潮楼は、元禄年間(1688―1704年)に福山藩が建てた。寺は1994年に国史跡に指定されたが、境内2375平方メートルのうち共有地がある北側が未指定だった。

【写真説明】境内全域が国史跡に指定される鞆福禅寺

   

2006年11月18日中国新聞 インターネット版より 引用