2006年11月28日 朝日新聞

2006年11月28日 朝日新聞

ユネスコの諮問機関で世界遺産の調査・評価を担当する国際記念物国際会議(イコモス)の法律・行政・財政問題委員会のメンバーら15ヶ国の17人が27日、福山市鞆町の鞆の浦を視察した。世界遺産の保存のあり方をテーマに28、29日の両日、広島で開かれるシンポジウムで、鞆の浦の歴史的景観の保全についても議論するためで、委員らは県と市が進める埋立架橋計画にあらためて強い懸念を表明。