中国新聞地域ニュース
イコモス委員が鞆を視察 '06/11/28

 世界遺産候補地の調査や評価に当たる国際記念物遺跡会議(イコモス)の委員が27日、埋め立て・架橋が計画されている鞆港(福山市鞆町)と、世界遺産の原爆ドーム(広島市中区)を視察した。文化財と周辺環境をテーマに、28日から南区であるシンポジウムで議論する。鞆町の視察には、国際委員ら14カ国の22人が参加。波止や常夜灯など江戸時代からの歴史的な港湾施設や当時の町家、寺院を見学した。

【写真説明】鞆港の常夜灯周辺を見学するイコモスの委員たち

   

2006年11月28日中国新聞 インターネット版より 引用