2006年11月30日 朝日新聞

2006年11月30日 朝日新聞


ICOMOS決議文へ

ユネスコの諮問機関で世界遺産の調査・評価を担当する国際記念物遺跡会議(イコモス)のメンバーによる国際会議が29日、広島市南区のホテルであり、万葉集にもうたわれた景勝地である福山市鞆町の鞆の浦について、「日本の文化遺産として高い評価を認める」として、県と福山市が地元で進めている埋立架橋計画の放棄と代替策の検討を求める勧告を採択した。