中国新聞地域ニュース
ドームと鞆「現状景観で」 '06/11/30

 世界遺産候補地の評価に当たる国際記念物遺跡会議(イコモス)の法律・行財政問題国際委員会は29日、周辺の都市開発が問題になっている原爆ドームと、架橋・埋め立て計画がある鞆の浦について、現在の景観を維持するよう国と広島県、広島、福山両市に求める「勧告」を発表した。2日間の日程で広島市南区で開いたシンポジウム「世界遺産条約とバファーゾーン(緩衝地帯)」で示した。

   

11月30日中国新聞 インターネット版より 引用


ICOMOS決議文へ