中国新聞地域ニュース
鞆に魅せられ、新店続々 '07/1/14

 江戸時代の港と町並みが残る福山市鞆町に魅せられ、町外の団塊の世代の人たちが最近、相次ぎ店を開いている。茶房、甘味処、食堂、ステンドグラス工房。戦後の高度成長とともに人生を駆け抜けてきた世代にとって、「鞆時間」の心地よさは格別のようだ。ステンドグラス工房「茜屋」は、福山市津之郷町の主婦横山文恵さん(60)と長女の貴子さん(35)が、所有者から建物を借り受け、昨年2月に開店した。

【写真説明】ステンドグラス工房を営む横山文恵さん。「この場所が好きでたまらない」

   

2007年1月14日中国新聞 インターネット版より 引用